当院は球団マスコットのフルスクラッチフィギュアの制作(造形外科)と野球場で撮影した写真の紹介(画像診断科)を専門科目とした架空のクリニックです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの日、ハマスタで…
東北関東大震災において被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 こんな時ですが、でもこんな時だからこそブログを更新させて頂こうと思います。

3月11日、あの日あの時、僕は今季オープン戦で初ホーム戦となる、横浜ベイスターズと東京ヤクルトスワローズの試合を観るために横浜スタジアムにいました。
6回裏の横浜の攻撃が終わり、7回表。ヤクルトの攻撃が始まってすぐに、ハマスタは大きな揺れに襲われました。
軋みながら団扇のように左右に大きく揺れる照明灯。唸りを上げて上下左右に揺れるスタンド。
外野席の上に見える横浜公園の周りのビル群は、隣り合うビルとぶつかりそうな程に揺れ、観客たちの悲鳴がハマスタに響きました。

昨年の球団買収問題の渦中、10月7日に行われた横浜のホーム最終戦。
あの時も、僕たちファンが前向きな気持ちで球場を後にすることが出来たのはマスコットやチアチームの野球やスタジアムを周りから支える皆さんのおかげでした。そして今回も、僕たちはマスコットの笑顔に救われました。

『僕たちはどんな時でもみんなを笑顔にするのが仕事なんだよ』

そんな彼らの無言のメッセージと底力を再び感じた3月11日のハマスタの模様を少しでもお伝えできればと思います。

20110311-01 

昨年の10月7日のホーム最終戦から約半年、ようやくハマスタでまた野球が見られる!大好きなマスコットたちに会える!!
そう思って、心弾む気分で試合開始の2時間前にハマスタを訪れた僕を最初に笑顔で迎えてくれたのは、星の美少女ホッシーナさん!
>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。